2009年08月11日

BBBの料金体系見直し

現在BBBの契約は以下のようになっている。

FomaタイプSSバリュー 1,864円
ブラックベリー契約 1,500円
bizホーダイダブル 5,700円
ユニバーサルサービス料 8円
ひとりでも割 −930円
eリビング割 −100円
消費税 402円
→計8,444円

基本的にメールの送受信が中心で、あとはFacebookとUberTwitterをつかうぐらい。7月256,973、6月223,446、5月227,287と、25万パケットぐらいしか通信していない。bizホーダイダブルだと0.084円/パケットなので、71,250パケットで上限になるが、海外にいるときは、通信料を390円に抑えられるbizホーダイダブルのほうがお得かなぁとも思って、プランを変更せずにきた。とはいえ、Softbank2回線を5,000円以下で維持できるようになると、もう少し月々の支払いを減らしたくなる。もう一度、通話のできないデータ通信専用のプランを調べてみた。

データプランバリューM(45万パケット以上は0.02円/パケット):4,500円(ファミリー割3,370円)
データプランバリューS(10万パケット以上は0.05円/パケット):2,200円(ファミリー割1,650円)
データプランバリューSS(無料パケットなし):1,100円(ファミリー割820円)

これまでのパケット数から考えると、フルに利用したとしても、データプランバリューMで十分なので、単純に4,500円+BIS1,500=6,000円となる。来年夏に相方が帰国してBBB契約すれば、ファミリー割が適用されるようになり5,000円以下に抑えられる。自宅にいるときは無線LANのみにしてしまえば、もしかしたら10万パケット以下にすることも不可能ではないかもしれない。そうなったら3,700円(ファミリー割3,150円)! 海外に長期滞在するときは、SSに切り替えていけば、
FomaタイプSSバリュー+BIS+bizホーダイダブル最低額より安くなりそう。

そんなこんなで、9月1日以降、データ通信のみに切り替える手続きをとってきた。月々の支払いの見直しより、1回、1回の大きな出費を抑えることを考えるべきだと思うんだけど…。
タグ:bbb
posted by padebije at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Carrier | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。