2009年06月19日

ベンガル語HP Mini 1000

1月だったか、HSDPAモデム装着時に火花が散り、USBがお陀仏になってしまったHP Mini 1000。2台目用に無線LANアンテナを1本もらって、友人に譲渡した(押し付けた?)のだが、その友人がUbuntuに関心をもったらしい。USBがつかえないため、2台目を開腹して、HDDを交換したうえで、Ubuntu Netbook Remixをインストールしてみた。

この友人、バングラデシュに足繁く通っている人物で、ベンガル語の読み書きもできる。Windowsでもソフトをインストールすることで、ベンガル語をつかえるようになるらしいのだが、けっこう面倒くさいらしい。Ubuntuのベンガル語もインストールしたら、超喜んでいた。こちらは、模様にしか見えないベンガル語を見ながら、インドネシア語がアルファベットでよかったーとしみじみ。

ちなみにベンガル語と英語の切り替えはAlt+Shiftで簡単にできるし、試しにベンガル語のメールを送ってもらったところ、UTF-8でエンコードされて、問題なく受信もできた。日本語に切り替えるためには、一度ログオフが必要なのかな。そうだとすると、ちょっと面倒くさいけど、友人は、HP Mini 1000をベンガル語専用パソコンとしてつかうことにしたようだ。

iPhoneでも感じたことだけど、こうやって多言語に対応しているというのは、いまの時代、けっこう重要な要素だと思う。
ラベル:ubuntu HP Mini 1000
posted by padebije at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
バングラデシュに住んだことのあるものです。
現在、Windows2000以降では、マイクロソフト提供のプログラムのインストールで
OSのスタートメニューやエクスプローラもベンガル語に出来ます。
 http://blog.goo.ne.jp/adachij/e/94641d108b9c5ff24fbf60f4203060fc

全部ベンガル語にすると大変なので、日本語版のwindowsでも
コントロールパネルからアジア言語のサポートをすることで、日本語、英語以外にベンガル語も(タイ語でもスリランカ語でも)入力できます。
Unicodeに対応したアプリケーションで言語の混在した物もできますよ。

たとえばこんな風に。
 http://book.geocities.jp/ben_nichi/index.html

では。
Posted by あだち at 2009年06月28日 02:06
あだちさま、ありがとうございます!
友人に紹介させていただきますね。
Posted by padebije at 2009年06月28日 08:10

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。